去年ボランティアに来たいと連絡をくれた中田くんが
3泊というゆったりとした日程でお客様として遊びに来てくれています。

写真はあまり・・・という中田くん(後ろ姿とちょっと横顔は写ってます)

2日目に、探検隊隊長Takuさんが付きあってくださると言うので 
気になっていた「南伊豆遊歩道 中木~入間コース」を歩きました。
ここは、今年のお正月トレイルラン好きな長女夫婦が走ったコース。
中木~入間①
夏の中木の楽しみ うくのカレー屋さんがある場所のすぐ上
宝永軒寺院 境内の脇を登ってゆきます。
中木~入間②
水仙が元気に咲いてました。遊歩道の入り口

念仏洞
しばらく行くと・・・・遊歩道マップに書いてある念仏堂がありました。

中木~入間③
風で足元がふらつくほどの天気でした。千畳敷が見える場所。
カヤのすき間から海がところどころで見られます。
(曇りだったからわぁ~っと飛び上がってしまうような海の青さが見られなくって残念)

中木~入間④
見晴らしのいい場所に出ました。 
見晴らしがいいってことは風をじかにうけちゃう場所デス(>_<)
君掛根方面をのぞむ
君掛根という島が見えます。ヒリゾ浜から見える大根島に似てました。

千畳敷方面をのぞむ
反対側、進行方向には三ツ石や千畳敷がみえました。
(千畳敷もまだ行ったことが無いので、行きたいなぁ~)
とにかく、風が強かったので早足で通り過ぎました。

どんどん行くとお腹がすいてきた・・・・
中木~入間6 

お弁当を食べるのにふさわしい場所が、なかなか見つからない(T_T)
・・・・なので、あまりふさわしくない場所で休憩(なんのこっちゃ?)

一生懸命持参のおむすびを食べましたよ~ (写真忘れた)

丸太橋
丸木橋 川は流れてなかったけど静かな森にコンコンと
橋を渡る足音が響きました。 

中木から入間 
小休止のあと、また登ったり下ったり  鳥の声がずーっと聞こえてました。
石仏
石仏のある場所に到着~ 榊が元気だから最近誰かが来てるんだね
石仏①
フラッシュ撮影 表情が少しわかるかな?
榊の花瓶はビール瓶だと思ったらカルピス瓶でしたね~

中木~入間⑦
石仏のところのベンチに座って、みかんを食べながらおしゃべり休憩。
来た道を振り返ってみましたよ。
これから行く道をワクワクしてみるのもいいけど、
自分が歩いてきた道を振り返って眺めるのも好きです


中木~入間⑤
そろそろ、ゴールの入間が近い

入間海水浴場
曇り空の入間海岸 夏には家族連れでにぎわうのでしょうね。
入間海水浴場①
遊歩道の案内板は、駐車場の方行くように矢印がしてありましたが
やっぱり海が見たくって・・・・・風が強くって寒いのに

 入間海水浴場②
曇ってたってこんなにステキな景色なんだもん、晴れてたらどんなに
晴れた日に、もう一度歩きたいなぁ~ そんな遊歩道。

 3キロのコースを悪天候にもかかわらずたのしく歩けました\(^o^)/

ゴールのあとに
「もう一か所 連れて行きたい場所が有るんだ!」と、隊長

「行きましょ~ 行きましょう~ 急ぐ旅ではありません」と、中田くんと私

海蔵寺①
向かったのが、通称おたふく寺 海蔵寺 
入口に大きなおたふくの像がありました。 
参道の左側にも多数のおたふく像がニコニコしていました。
不思議なお寺でしたよ~ 

もうひとつ、ここにあったのが「ニール号遭難者招魂碑」

話は飛びますが、
10年以上前にアメリカからニールって言う少年をホームステイ(和光の家)で
受け入れたことがあって、忘れられない名前だったんです!!ニール!!

引っ越してくる前から、ココ来てみたかった。名前がニールていう理由だけでね。

ニール号遭難者招魂碑
三ツ石にぶつかって遭難しちゃったニール号
海って、素敵だけど怖い場所でもある。
そんなことを教えてくれた招魂碑でした。

探検隊にふさわしい絵と文章が海蔵寺の入口に奉納されてました。
海蔵寺②
嬉しいな 楽しいな みんな一緒で 笑ってる
 
どなたの作品なのでしょうか?
南伊豆の作品展などでよくみかけるおじぞうさま
あかいほっぺとスッとした目が印象的

線だけで、いろいろな心模様を描いてると思うのです。
ただだまっている表情から、見るひとの心を写して伝わってくるなにか。

遊歩道探検の最後に、心に残る一枚に出会えた気がします。
一緒に歩いた中田くん、何をこころに残したのかな?
探検隊長~ Takuさん  お疲れさまでした ありがとうございました。

3日目の中田くん、 
今日はヴォイジャーギターズの工房を訪ね
湯の花産直でお土産の野菜を買うそうです。
同会場で偶然 「プレム・ラワット 」DVD上映会があるので行ってみたらと
オススメしてみました。 コドコドのままちゃりの1日、楽しく過ごしてるかな?